• トップ /
  • 弁護士探しをするときの注意点

弁護士探しの注意点とは

弁護士探しをするときの注意点

弁護士探しは実績に注意が必要

弁護士は普通の生活をしている場合にはほとんど使うことはありません。なぜなら、弁護士のほとんどの仕事は相手ともめた場合に自分の代わりに相手と交渉をしたり、法廷で戦ってくれる強い味方だからです。そのため、普段は使いませんが、しかし、何かもめごとに巻き込まれていざ代理人を探すときにはどうしたらよいのかが分からず困る人が多いのでその時の注意点をおさえておくとよいです。まず注意することは他の人がよかったからというだけで選ばないということです。なぜなら、弁護士には得意分野があるからです。その点では、医者に似ています。医者にも内科・外科の区別があり、内科の中でも、呼吸器科や循環科・消化器科と分かれているようにその医師の得意分野が違います。それを間違うと良い結果が出ません。同じように弁護士にも大きく分けて民事事件が強い先生と刑事事件が強い先生に分かれていますので、自分の案件がどちらかでまず、先生を絞り、探します。さらにその上で、自分の内容と似たようなことをその先生がかつて担当し、実績を出しているのかどうかで選び、探します。例えば交通事故のもめごとでお願いしたい場合は交通事故で自分の案件と似たようなことを担当した弁護士を選びます。そうすることで自分の得体結果である相手に勝つことができるようになります。それが代理人探しで一番注意すべき大切なことです。

↑PAGE TOP

Menu