• トップ /
  • 遺産相続の質問は弁護士へ

遺産相続なら弁護士へ

法的な問題は弁護士に依頼

遺産相続は弁護士に任せる

遺産相続では様々な手続きを行いますが、その中でも特に争いとなりやすい手続きに遺産分割があります。これには遺言がある場合や亡くなった被相続人から贈与を受けていた場合、被相続人に対して寄与行為があった場合など多くのケースがあり、家庭裁判所で調停や審判を受ける事もあります。 そのため、こうした遺産相続において相続人同士に争いがある場合は、弁護士に介入してもらった方が親族間で遺恨を残す事も少ないですし、矢面に立つ事もなく全て任せる事ができ安心です。

離婚の条件を弁護士に相談する

離婚の話し合いで特にトラブルになりやすいのが、財産の配分と子供の親権や養育費といった問題です。お互いに話し合って決めることができればいいのですが、後々にトラブルになることを防ぐためには弁護士に相談をして離婚の条件をきちんと決めて書面として残しておくことが有効です。養育費などの条件をきちんと書面に残しておくことで、後にトラブルになったときの証拠にもなりますので、弁護士を証人に条件を決めておくことは大切です。

↑PAGE TOP

Menu